HOME

5月2日
この日は朝からミラノ大聖堂へ。「Aパス」と名付けられた15ユーロのチケットで大聖堂、テラス(大聖堂の屋上。このチケットならエレベーターで上がる事ができます)、地下の古代遺跡を見学。









DSCF0113

大聖堂の中もまばゆい
DSCF0116

テラスに登ると天に向かう尖塔が間近に見られる。
DSCF0144

地下には「古代」の眠るエリアが広がっているのでした。
DSCF0136

さて次は念願のジョバンニ・ガッリでマロングラッセを買うのだっ!
DSCF0156
美味しそうなチョコ、マロングラッセなどなど。
DSCF0155

ここで土産物を買いたかった・・・が、先の旅程を考えると無理だと判断。
自分のぶんだけ買った!(笑)
ホテルに戻ってから食べたお菓子。マロングラッセとほうずきのチョコ。おいしいよ〜。

DSCF0203

さて、次は日本から予約したレオナルド・ダヴィンチ「最後の晩餐」を見る為、
サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会へ。

DSCF0174

30人程度の人数を15分程度の入れ替えで見せてもらいます。ヒンヤリとしたホールの壁に描かれた「最後の晩餐」。キリストの言葉に動揺する弟子達。ユダ・・・どんな気持ちだっただろう。それぞれの心の動きが指先の表情にも現れるようで、すばらしい作品でありました。

ちょうど昼過ぎになりましたので、次の目的であるサンタンブロージョ付近のレストランへ。「ワインはどうしましょう?」と聞かれてもアルコール類のダメな人間。ものすごく肩身が狭いよ。

食べてみたかったシーフードスパゲティ。具の隙間に麺がある感じ(笑)

DSCF0179

調子に乗って頼んだシーフードグリル
DSCF0180

おいしかったけれど、もうギブアップ。
最後に出て来たこのクッキーが、すっごく美味しかったのに一個しか入らなかった(涙)
DSCF0182-1

お店はこちら
 

Osteria Carbonaia Mare

お腹いっぱいになった後は、サンタンブロージョ教会を見学。
西ローマ帝国の悲劇の将軍スティリコの名前を冠した石棺を見に行きました。

DSCF0183

ホントに葬られたのは違う人のようですが、「スティリコ」と名前が付いているからには、何かの縁があったのでは?と淡い期待を持って凝視してきました。
DSCF0195-1

サンタンブロージョ教会からホテルまで歩いて帰りました。この日の晩はミラノスカラ座でサイモン・ラトル、ベルリンフィルのコンサートへ行く予定でしたので、ホテルで少し休んでから着替えてスカラ座へ。夜の9時開演って、みなさん宵張りですね(笑)曲はヤナーチェク「シンフォニエッタ」とブルックナー「交響曲7番」。ミラノ万博開幕記念公演のようで、何となく「シンフォニエッタ」の選ばれた理由が納得できました。ブルックナー7番では相変わらず美しい弦の響きと応答するような木管楽器が素晴らしい。ミラノの良い思い出になりました。
teatroscala

次へ